就活対策マニュアル:就活マナー編 会社訪問時の注意点

会社説明会や面接で会社を訪問する際、マナーにはしっかり注意しましょう。

会場へは余裕を持って行きましょう

経路や地図を事前に調べるのはもちろんですが、特に朝の通勤混雑の時間帯は、時間に余裕をしっかり持って行きましょう。

混雑に巻き込まれてしまったり、電車が遅れてしまうことはよくあります。また、思った以上に乗り換えに時間がかかったり、道に迷ってしまう、など初めて訪問する場所にハプニングはつきものです。

どうしても遅刻しそうなときは、訪問企業の担当者へ連絡します。そのような事態に備えて、訪問企業の連絡先は必ず控えておきましょう。

予定時刻の5〜10分前に到着するのが理想的

移動の時間には余裕を持つことが大切ですが、アポイントの時間の30分前に訪問するなど早すぎるのはよくありません。

ビジネス上では、早く着いた場合でも、場所を確認したら、自分で時間を調整して、アポイントの時間に合わせて訪問するのがマナーです。5〜10分前に訪問するようにしましょう。

受付では元気よく名乗りましょう

ここからは実際に社員の方と接します。印象をアップできるチャンスにもなりますので、元気にあいさつをして名乗りましょう。相手から名前を聞かれるのを待つのではなく、必ず自分から、学校・学部名とフルネーム、訪問相手の氏名、アポイントの時間を伝えます。

「田中です」のように、苗字だけをおっしゃる方もいますが、同じ苗字の人もいるかもしれません。間違いがないように、相手にも分かりやすいことを心がけて伝えることが大切です。

携帯電話の電源は切りましたか?

控え室で面接の順番を待っているとき、携帯電話を触ったりしていませんか?面接中に携帯電話の着信やアラームが鳴ってしまった経験はないですか?

マナーモードにしているから大丈夫と思っている方も要注意です。たとえマナーモードであっても、面接中に真剣に話をしているときには、携帯電話の音が気になってしまいます。控え室に入る前には、電源は切っておきましょう。

身だしなみのチェックはしましたか?

身だしなみで大切なことは清潔感です。
会場に入る前に鏡を見て、もう一度、自分の姿を確認しておきましょう。

あいさつはしっかりできていますか?

入室した際、面接官が何人も並んでいるのを見ると、ますます緊張してしまいます。そんなとき、元気よく「失礼いたします」や「よろしくお願いいたします」とあいさつができているでしょうか。

あいさつは、相手があなたの声を初めて聞く言葉です。しっかり声を出して、好印象を持たれるようにハキハキとあいさつをしましょう。また、最初のあいさつで声が出てしまえば、そのあとの自己紹介もスムーズに言えるはずです。

ワンポイントアドバイス

面接はあなたを知ってもらう絶好のチャンスです。

せっかくアピールしたいことがあるのに、第一印象を悪くしてしまったらもったいないです。

自分の力をしっかり発揮できるよう、直前の準備を怠らないようにしましょう。

就職活動対策マニュアル(就活マナー編)関連コンテンツ

就活支援の経験豊かなコンサルタントがあなたの就職活動を無料でサポートします。

「アデコの就職支援」は、あなたの希望や適性に合った就職を実現するため、知識豊富なコンサルタントによるカウンセリングなどを通して、学生の方の就職活動をトータルにサポートするサービスです。カウンセリングや選考対策のアドバイスを受けながら、就職活動の幅を広げることが可能です。

アデコに登録:新しくウィンドウが立ち上がります



  • mixiチェック